英国の庭から

ロンドン郊外に住む兼業主婦が、イングリッシュガーデンの魅力からBrexit等の時事ネタまであれこれつぶやきます。

フランスの往年アイドル歌手のファンでございます

お題「わたしのアイドル」というと、フランスの歌手兼俳優のパトリック・ブリュエル(Patrick Bruel)です。

 

パトリック・ブリュエルは、フランスでは80年代後半から90年代にかけてアイドル歌手として大人気となり、当時は日本の嵐やスマップの全盛期のような人気だったそうです。ピアノやギターの弾き語りをしたり、演技で賞をとったりしているのに踊りは上手くないので、ジャニーズ系というよりフランス版福山雅治と言ったところかも。まあ、ともあれ、私がファンになったのは数年前のこと。肝心な全盛期には存在すら知らず、今となってはYouTubeなどの動画から想像するかありません。

 

ファンになったのは、私が若いころから気に入っていたElton JohnとかBilly Joelの英語圏以外の歌手はいないかな‥と思ってYou Tubeを検索したのがきっかけ。メロディがきれいなバラードが何曲もあって、どれも気に入ったので、ベスト盤を購入して聞いているうちにすっかりはまってしまい、あとはアルバムを揃えて・・とどんどん深みにはまって行った次第。

 

英国に来てからは、コンサートがあるたびに、パリやリールまで遠征し、今年はジュネーブ近郊で行われた野外コンサートに行ってきました。あいにく夕立になってしまったのですが、前から3番目でみることができて感動。たまたまお隣にいた、同年代のスイス人の女性と意気投合し、「昔は全然好きじゃなかったけど、最近良くなったよね」などと彼女が言い、私も実はアイドル時代の歌より近年の歌のがいいね、と同意したり、「彼は何ともキュートなところがあるよね」などと共感し、二人でかわるがわるビールや食べ物を買いに行き、と楽しい時間を過ごしました。

 

そんなわけで、来年2月にパリで行われるコンサートのチケットも買ってしまいました。残念ながら日本での知名度が低く、活動はフランス語圏にとどまっているので、ヨーロッパにいる間にコンサートに行っておかねば。それに彼自身がもう60歳ということを考えると、活動している間に聞けるだけ聞いておこうと決めております。

 

フランチポップスの人気歌手というのは、日本の演歌歌手並みのスケジュールでフランス語圏をコンサートしてまわるようで、そこに行くことができればコンサートのチケットを取るのは難しくありません。また、テレビやラジオ歌謡番組も人気のようで、同じフランス語圏の色々な歌手とデュエットしたり、他の歌手の名曲のカバーをしたりしているので、その縁で、どんどんフレンチポップスに関する知識も広がりました。

 

パトリック・ブリュエルは、日本ではシャンソン歌手として紹介されてきたようです。たしかにフランス語でシャンソンとは歌の意味なので、シャンソン歌手に違いないのですが、日本でシャンソン歌手というと、日本人のシャンソン歌手がシャンソン酒場で長いドレスを着て「バラ色の人生」「枯葉」といった1950-60年代の名曲を謳っているイメージ。

 

私はあのイメージがあまり好きじゃなくて、敬遠しているうちにパトリック・ブリュエルの全盛期を見逃してしまったようです。少し残念。もっと広くいろいろなものを聞いておけばよかった。まあ、でも、この夏、ファンクラブにも入会したし、ちなみにフランスでは彼のファンのことをBruelmaniaと呼ぶそうですが、今、Bruemaniaの生活を満喫しております。

f:id:ouiouigarden:20181018074128j:plain

Caribana Festival 2018 (6月5日)で

 

水質の悪さにうんざり

英国で生活をしていると、しみじみ日本の柔らかい水が恋しくなります。イングランド、特にロンドン近郊の水は硬水で、石灰質が極めて多くアルカリ性です。湯沸かしポットやトイレ、お風呂、水道の蛇口などに石灰がたまり、たまった石灰が見苦しいだけでなく、様々な故障やトラブルの元となります。人によっては、石灰が膝や肩などの関節にたまって、抜いてもらったりするほどです。

 

f:id:ouiouigarden:20181018070231j:plain

この地図は英国の環境・食糧・農村地域省が作ったイングランドとウェールズの水質マップで、ピンクになるほど石灰質が強いアルカリ性の硬水です。

http://www.dwi.gov.uk/consumers/advice-leaflets/hardness_map.pdf

 

硬水は、肌や髪にも良くないようで、時々、一時帰国して美容院に行くと頭の地肌に石みたいなものが入っているねと言われます。娘は洗顔すると肌の具合が悪い、拭き取りだけにするようにしたらマシになったと言います。そういえば、水質が悪いせいだけではないでしょうが、こちらでは産後の産湯という習慣はありません。娘は英国の病院で生まれたのですが、その時も事前に頼んでおいたので洗ってもらえたという感じでした。

 

水質が石灰質であることに加えて、水道管が老朽化しており、家庭にたどり着くころには錆もまじって薄赤くなっていることもあります。なんでも英国全体の上水道の3分の1が漏水しているという話を15年位前に聞いたことがあり、最近は少しは改善したのかと思っていたのですが、夏に渇水が続き、給水制限が報道されたとたん、「まずは漏水対策をしろ!」と非難の声が新聞各紙で紹介されていました(ということは、全然改善されていなかったんですね)

 

植物に対しても、この水、ろくな影響がありません。特に顕著なのが、水質が酸性だと青くなり、アルカリ性だとピンクになるアジサイです。青いアジサイを買ったつもりだったのですが、この2年ほど、ピンク色の花しか咲きません。土を酸性にするために、最初の植え付けの時は酸性のエリカ用土(つつじやヒース、エリカなどを育てるための弱酸性の土です)を大量に周りに入れ、毎年ピートモスを追加し、さらにアジサイを青くするという液を定期的にやっても青くなりません。がっかり。

 

今年IKEAで白いアジサイを買ったのですが、今、見事な赤い花になっています。これもこの石灰水の影響でしょうか・・アジサイだけでなく、春に買った白とグリーンが複雑に混ざった色合いのミニバラも我が家にきたとたん、普通の濃いピンクの花しかつけなくなりました。これも水のせいかしら・・・

f:id:ouiouigarden:20181018070419j:plain

 

↑は元は白かったアジサイ。↓は買ったばかりの頃。

f:id:ouiouigarden:20181018070439j:plain

庭にキノコが大発生

f:id:ouiouigarden:20181018060555j:plain

 

10月に入って雨の日が多くなり、雨が降らない日も、夜間に濃い霧のようなものが降るようになり、地表面がじめじめしてきました。

f:id:ouiouigarden:20181018060145j:plain

濃い紫色が印象的なキノコ

するとあっという間に花壇や芝の間に大量のキノコが発生して、不気味な感じです。

食べられれば、大収穫となってうれしいのですがどうも怪しげです。きつねかリスか誰かがかじったような妙な歯型もありますが、あまりおいしくないのか、全部食べ切った様子はありません。でも、きつねや小動物の死骸も見当たらないので、毒きのこではないのかもしれません。

f:id:ouiouigarden:20181018060659j:plain

かじった後が・・

f:id:ouiouigarden:20181018060714j:plain

これが大量発生。全体でバケツ1杯以上の容量となりました。



f:id:ouiouigarden:20181018060746j:plain

なめ茸の親戚のような見た目なんですが・・

 

 

f:id:ouiouigarden:20181018061048j:plain

これは直径10cm以上はあります。

f:id:ouiouigarden:20181018061338j:plain

これも手袋位の大きさがありました。

どなたかこの連中の正体をご存知の方がいらっしゃったら、お教えください。

 

英国史上最悪の帰化植物イタドリ(Japanese Knotweed)

f:id:ouiouigarden:20181015063009j:plain

こちらに来て間もないころ、庭ごみの回収に関する注意事項に「Japanese Knotweedを入れてはいけない」と赤字で書いてあり、これは何のことだろう?と調べてみると「イタドリ」のことでした。

 

その後、折に触れJapanese knotweed (Fallopia japonica)が非常に困った問題としてニュースになり、そのたびにJapaneseの一人としては何とも複雑な気持ちになります。

 

イタドリは、その繁殖力の強さから、英国で最も嫌われる帰化植物なんです。ビクトリア時代に観葉植物として日本から持ち込まれたそうで、英国人がその繁殖力の強さに「しまった」と思った時には、国中に広がっていたようです。もみじやしゃくなげ(石楠花)、しゅうめいぎく(秋明菊)など、英国には他にも日本から持ち帰った植物が多々あり、それらは価値ある鑑賞品種として長らく愛されているのですが、イタドリだけは継子扱いです。

 

嫌われる理由は、半端でない繁殖力のせい。草木ごみに入れてもごみの中で繁殖して腐葉土にならない、根こそぎ抜いても少し残った地下茎から復活してしまう、アスファルトを割って出てくる、竹のような茎が夏の間に2メートル以上の高さに成長するといった繁殖の速さが恐れられる理由です。イタドリの徹底撲滅には、ブルドーザーを使って50cm以上の深さで広範囲に土を剥がして、さらにラウンドアップのような強力な除草剤をまかなければダメとか、いや、除草剤を噴霧したって駄目、茎1本1本に太い注射器で除草剤を注入しなければダメとか、色々な方法がネットに掲載されています。駆除専門業者もたくさんいるからこれは一種の雇用創出となっているのかもしれませんが、駆除というと日本では「白アリ退治」などに使う言葉ですが、ほぼそれと同じ扱い。

 

実際に、イタドリを放置しておくと、不動産価格が下がってしまいます。1981年野生生物と田舎法(Wildlife and Countryside Act 1981)という法律で、田舎でイタドリを繁殖させる(放置する)と違法行為で処罰されてしまうようになり、2013年からは不動産の売却にあたり物件にイタドリが発生していないか報告することが義務付けられました。また、2014年に施行された2014年反社会的行動、犯罪および警察法(2014 Anti-social Behaviour, Crime and Policing Act 2014)でも、庭に生えてきたイタドリを放置するだけで違法であり処罰対象になるとされています。ちなみに、生のイタドリは1990年環境保護法により規制廃棄物に位置付けられており、伐採してごみとして出す場合は、焼却灰にしないとダメのようです。

 

そういうわけで、イタドリ繁殖情報というのが、ウェブ上で公開され更新されています。まるで、鳥インフルとか豚コレラ情報のようです。
http://www.planttracker.org.uk/map/knotweed

 

そもそも、19世紀の英国にはプラントハンターと呼ばれる人々がいて、世界中に出かけては種や苗を勝手に持ち帰ったそうです(それだけでなく、世界中から貴重な文化遺産も)。そうしたツケが今になって出てきているのでしょう。当時の英国人の貪欲さと身勝手さがさ遺した膨大なマイナスの遺産が、中東をはじめ世界各地に今も悲劇をもたらしていることを思うと、「イタドリの逆襲」といった感じで、正直、同情する気にはなりません。まあ、でも、イタドリの繁殖による道路舗装や建物倒壊などの被害だけで年間2億ポンド(2017年の場合)にのぼるそうです。

 

それにしても、日本原産のこの植物、日本で被害の話ってそれほど聞きませんよね?ブタ草やセイタカアワダチソウの話なら良く聞きますが。認識不足だったのかもしれませんが、「イタドリ」というのは、わらびやぜんまい同様、家で煮たり炒めたりできる、愛すべき山野菜だと思っていました。確か高知県の方々など、結構な値段で購入していらっしゃるのではないでしょうか?

 

どうしてこのような違いが出るのでしょう?調べてみたところ、日本にはイタドリの天敵がいるのです。名前もイタドリマダラキジラミ。これがイタドリを全滅させるほどではないけれども、ほどほどに成長を抑制し、バランスが保たれているのだそうです。

 

そこで、英国政府は数年前から日本からこの虫を買い付けてバイオコントロール作戦を展開しているらしいのですが、効果はあまり上がっていない感じです。本日時点の英国のイタドリ情報は以下の通り。ロンドンにもかなり広がっていますね。

f:id:ouiouigarden:20181015062942j:plain

f:id:ouiouigarden:20181015063035j:plain

「最近おいしかったもの」南仏トゥールーズのステーキ

f:id:ouiouigarden:20181016073959j:plain

ずばり、南仏のトゥールーズで食べたステーキです。

 

日本にいると、フランス料理というのは、とてもおいしいと思われることでしょう。

でも、本場フランスのレストランって、ミシュランの★をもらっているところなどはおいしいのでしょうが、そのかわりに1回の食事に1時間半とか2時間もかかったり、ランチ一食5,000円とか、お値段もそれなりにします。特別な日はいいけど、旅行中毎日食べるには大変な感じ。お隣のイタリアやスペインと比べると、安くておいしい店になかなか出会えないのがフランスだと思います。

 

それが嫌で、ビストロなど、お手頃そうなところに入ると、堅いステーキとフライドポテト、ドレッシングが妙にすっぱいサラダで我慢するか、連日クレープ屋ばかり・・という感じで、娘など「フランス料理ってあんまりおいしくないね・・」とのたまう始末(フランス人およびフランス通の皆様ごめんなさい。たぶん、おいしいお店を見つける努力をしていないんです)。

 

さて、そんな旅を続けていたある日、南仏トゥールーズの街中で、近くの食品市場が工事中で閉店で、さてどうしようかと歩いていたら、ちょうど12時開店のお店があり、何の気なしに入ったところ、その店はステーキ1種類のお店でした。お店の名前はL'Entrecôteです。

https://www.entrecote.fr/

 

注文して出てきたのが写真にあるような、キャンドルで暖められたステーキ。何やら秘伝のソースがかかっていて、肉を3~5ミリぐらいの薄さにスライスしてくれて、やはり細めでかりかりのフライドポテト、クルミとレタスのサラダ、この3点だけが給仕されました。

 

一口食べて、お肉の柔らかさ、ジューシーさにびっくり。秘伝のたれに浸かっていて何の味だかよくわかりません。レタスのサラダもちょっとマスタードの効いたフレンチドレッシングとクルミのこうばしさで、シンプルながらもおいしいの。店から出たら、ここは人気のお店だったんですね。地元の人ばかりで長蛇の列。すっかり満足しました。

f:id:ouiouigarden:20181016073905j:plain

 

Trip Adovisorなどをみると、「この店、列に並んでまで入る店か?」とのコメントもありますが、やはり辛口なコメントをされているのは日本から直接来た方々。欧州に住んでいると、肉の柔らかさ、繊細な切り方など、久々な気がして感動できます。(あぁ、それでも早い・安い・うまい日本のランチが恋しい)

f:id:ouiouigarden:20181016080628j:plain

 

 

ポールズデン・レイシーの魅力(その2)

f:id:ouiouigarden:20181015024605j:plain

ポールズデン・レイシー(ナショナル・トラスト)の魅力は、庭に加えて、100年前の社交界が華やかだった時代の様子や、そこに仕えた召使たちの様子が邸内の展示から垣間見ることができる点です。執事や従僕、女中などの使用人の世界は、ダウントン・アビーという日本でも放映された人気ドラマで詳しく描かれていますが、まさにその世界です。

 

この屋敷は、1906年、スコットランドのビール醸造者として財産を築いたウィリアム・マキューアンが娘夫婦に買い与えた屋敷です。もともとは14世紀頃に築かれ、当時の持ち主の名前をとってポールズデン・レイシーと呼ばれるようになったようですが、今、訪問する私たちが見ることができるのは最後の当主で、マキューアンの娘であり、エドワーディアン(エドワード7世治下の時代)の時代に社交界の女王だったマーガレット・ヘレン・グレヴィル夫人が整えた邸宅の様子です。

f:id:ouiouigarden:20181015025202j:plain

マーガレット・ヘレン・グレヴィル夫人

マーガレットは、英王室のメンバーや当時の政治家、有力貴族をここに招き、もてなしていました。宿泊客の中でももっとも有名なのは現エリザベス女王の両親であるジョージ6世夫妻(映画『英国王のスピーチ』のモデル)です。ヨーク公夫妻だった彼らが新婚旅行先として約2週間滞在したそうです。

 

マーガレットは、財産に恵まれ、英国の多くの有力者と親しく付き合っていましたが、幸せな人生とはいえなかったようです。両親が不倫関係にある時期に生まれ、両親が正式に結婚したのはマーガレットが20歳を過ぎてからのことでした。両親から溺愛され、夫であるグレヴィル男爵との仲は良かったものの、自身は一人っ子、子供にも恵まれず、夫はがんのため、43歳という若さで亡くなってしまったのです。遺産を受け継ぐ子孫がいなかったことから、邸宅はナショナルトラストに遺贈され、遺言に基づき庭園の一角に埋葬されました。その近くに10匹以上の歴代の飼い犬の墓地があり、犬達が彼女の数少ない家族だったという孤独を物語っています。

 

邸内には、やはりダウントン・アビー同様、第一次世界大戦中に病院として接収された記録も展示されており、興味深いです。キッチンは明るい黄色でモダンな雰囲気でした。敷地内の農場から新鮮な乳製品や野菜がとれて、それをロンドンの邸宅にも毎日運ばせていたそうです。

f:id:ouiouigarden:20181015025456j:plain

 

↓1階のサロン風の部屋には衣装やティーセットがおかれており、素敵な雰囲気です。

f:id:ouiouigarden:20181015025605j:plain

f:id:ouiouigarden:20181015025617j:plain

 

↑おいしそう。クリームのたっぷり挟まったスコーンが人気だったようです。

邸内は12月になると、クリスマスらしく飾り付けられて素敵だそうです。機会があれば行ってみたいと思います。

ポールズデン・レイシーの魅力(その1)

 

ロンドンの南、サリー州グレートブッカム近郊にあるこの屋敷は、ナショナルトラストが保有する施設の中では最も人気があるものの1つです。

私は20年近く前に初めて英国に住んだ時、ドイツ語の先生から「ナショナルトラストで(ロンドン南部で)最も素敵な施設だからおすすめ」といわれて初めて出かけました。それ以来、ずっとロンドン郊外では最もお気に入りの場所の1つとなっています。

この屋敷の魅力は、ロンドン南部の高台に建設され、屋敷の南に見事な見晴らしが広がっていることです。また、英国らしい庭園が造られ、春は水仙、夏はバラ、秋は紅葉と庭も美しく、1年中、いつ出かけても気持ちが良い場所です。建物はイタリアのビラのような外観ですが、中は絢爛豪華で、当時の社交界の様子を垣間見ることができます。

f:id:ouiouigarden:20181015022834j:plain

 

先週の土曜日、知人と二人でウィズリーガーデンに行った帰りに立ち寄ったところ、宿根草のボーダーやレンガの壁に囲まれたバラ園があり、バラやデルフィニウムもまだ満開で、イングリッシュガーデンらしい魅力に満ちていました。

f:id:ouiouigarden:20181015022955j:plain

風で倒れやすいデルフィニウムについては、剪定で落とした枝を使って支柱が作られていて、自然な雰囲気ながら効果的な支柱となっていて、これはちょっと見習いたい感じです。

f:id:ouiouigarden:20181015023045j:plain

 

屋敷に通じる散歩道に植えられた栗の木からは実がたくさん落ちていたので、拾って帰ってきました。栗ご飯に入れようかと思っています。

f:id:ouiouigarden:20181015023110j:plain

 

ちなみに、グレートブッカムはレザーヘッドの近くですが、レザーヘッドというのは、シャーロック・ホームズの「まだらの紐」事件が起きたお屋敷のある町です。